COZY HOME ラインナップ

コージーホーム 株式会社

0466-54-7058

〒252-0804 神奈川県 藤沢市 湘南台1-32-17 重田ビル1F

営業時間 9:00〜18:00 (カフェは10:00~17:00)
日曜日 (カフェは火曜日・日曜日、不定休あり)

lv

COZY HOME ラインナップ

スタンダードな使いやすい住まい

コージーホームのスタンダード仕様。ローコストとはいえ、「このくらいの仕様は欲しいよね」という声に応えて、デザイン面と機能性においても充実した設備を設定しています。
家族のあつまるリビングには、コージーホームの得意とするペイントウォールで、住まわれるご家族のイメージにあった、世界に一つしかない質感ゆたかな空間演出を施します。

img_lineup01

Kitchen

img_lineup02

型2550のキッチンが標準となっています。
キッチンのめんどうなお手入れもラクラクこなせるように使い勝手が工夫されています。また地震やコンロ火災などに、万全の配慮をしています。使い方や用途に合わせて、キャビネットの組み替えも可能です。

Bath room

img_lineup03

1坪タイプの標準的な大きさのユニットバスです。壁4面のうち、1面を24色の中からお選びいただけます。4時間後の温度変化がわずか2.5℃以下の保温力。排水の流れる回転を利用して嫌な排水溝の処理もラクチンな排水溝になっています。

Bathroom vanity

img_lineup04

引出し式のたっぷり収納。
シャワー水栓もミラー下にビルトインタイプで水廻りのお掃除もスッキリ。
使い勝手の良い仕様となっています。

Door&Floor

img_lineup05

モダンから、ナチュラル、アンティークな雰囲気に対応できるデザインのドアをお選びいただけます。

自然エネルギーを活用するエコ住まい

パッシブデザインとは?

機械に頼らずに、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。自然の光や風を上手に活用し、冬はあたたかく、夏は涼しくするので、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。建物そのものが快適性を生み出します。

img_lineup06

住宅を新築してから後悔することって、どんなこと?

img_lineup07

このグラフは家を建ててから後悔したことについてのアンケートです。
1位は「収納、間取り」。
2位は「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」となっています。
第2位については、人がカラダで体感することについて居心地が悪いということになります。一戸建てならば、それなりに快適に暮らせる仕様になっているという思い込みがあるのかもしれません。既に完成している住宅を見ると、間取りや設備に目を奪われがちですが、家で過ごすとき、カラダに快適な環境が作り出せるかというところに注目することも大切だということがわかります。

パッシブデザインに大切な5つの項目

断熱

img_lineup08

人のカラダにとって、「暑すぎる」、「寒すぎる」は体に大きな負担がかかります。 カラダにとって快適な環境をつくるためにはこの「〇〇すぎる」を室内に持ち込まないことが大切です。断熱仕様をしっかりと作ることで機械だけに頼らず省エネを実現します。

日射遮へい

img_lineup09

暑い夏、外を歩くときに日傘をさすと日差しを遮り、日影にいる状態を作ることで涼しさを感じることができますよね。「夏涼しく」を実現するために、何より重要なのがこの日射遮へいです。 とくに、窓から入る日差しをを最大限に少なくすることがポイントで、このことにより冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。

自然の風を利用

img_lineup10

身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を屋外に排出するということも必要です。 自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏であれば夜間に行い、その前後の季節であれば日中も夜間も行うことが有効となります。

昼光利用

img_lineup11

昼間に、太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくすることを目的とします。 居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計します。また、1階南面から採光が難しい場合には、吹抜けなどのプランなども計画します。

日射熱利用

img_lineup12

冬期、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において窓からたくさんの太陽熱を取り入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う方法です。 「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えられれば、室温変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。

パッシブデザインを実現するためのバランス

ここで何より重要なのが、この5つの項目のバランスを考えることです。当然地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきます。たとえば、南側に日射を遮る建物があれば、冬の日射取得は期待できません。断熱性を高めるだけの家づくりは簡単ですが、高断熱にすると夏暑くなることを理解して、日射遮へいや自然風利用をしっかり考えながら設計を進めていくのが本来のパッシブデザインです。

img_lineup13

ママが使いやすい住まい

本当にママたちが望む「住まい」を考え、女性の力が輝き、住まいだけでなく 子育ても考え抜かれたママハウスをカタチにしました。

育児や家事、仕事に、毎日毎日家族のために頑張っているママたち。
「家族のことも大切ですが、母親として、妻としての自分も大切にしながら、
HAPPYな生活できるように…
将来家づくりを考えているママさんを募集し、7組のママさんたちの参加による座談会を実施。
現在住んでいる家の不満・困りごとや、理想の住まい像を伺い、実際にお客さまが思い描いている「等身大の理想」がカタチになったプランです。

img_lineup14

ママを想った大切な5つの項目

家事が楽になる動線

img_lineup15

日々、育児や家事をしているママさんたちの目線で考えられた動線は、家事も生活もしやすく効率的。

たっぷり収納

img_lineup16

リビングや玄関、随所にある隙間をうまく活用し、使う場所の近くにしまう場所を確保。

スタンダードなデザイン

img_lineup17

無垢材や神クロスなどを使用した内装は、体に優しく、ナチュラルで飽きのこないスタンダードデザイン。

熱交換換気システム

img_lineup18

室内と室外の空気の温度80パーセントまで熱交換し、換気するシステムは、光熱費削減に高い効果があります。

認定低炭素住宅。

img_lineup19

省エネルギー基準4を標準。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒252-0804 神奈川県 藤沢市 湘南台1-32-17 重田ビル1F
営業時間 9:00〜18:00 (カフェは10:00~17:00)
定休日 日曜日 (カフェは火曜日・日曜日、不定休あり)

TOP